サイトマップ
リンク
ストレス駆け込み寺
ストレス
このページをブックマークする


 

ストレス


ストレス社会と言われ始めてから久しく立ちますが、社会の中でストレスを感じないでいられることは不可能に近いでしょう。ストレスという言葉が持つ本来の意味は「圧力」「応力」「緊張」などがありますが、私たちの心や体の負担になること、刺激、その状況などによって発生する緊張感をストレスと呼んでいます。ストレスの原因になるものは様々で、大人だけではなく、近頃では子供でも感じていることが多くなっています。

誰もが感じるストレス

生活をしていく上で多少のストレスは避けて通れないでしょう。現れるのは精神的なものばかりではありません。肉体的なものや、行動などにも現れます。多くは精神的なものになるのでしょうが、この体や行動に及ぼす影響なども知っておいて損はないのではないでしょうか。また、現代社会において、子供が感じる場面が多くなってきました。大人では「最近たまってきたな〜」と思えることでも、子供にはそれが分かりません。大人が感じるストレスとの違いを知って、大人がうまく対処していかなければいけません。

ストレスがたまると……

誰でも日常の中で多少のストレスは感じています。友人と長電話でおしゃべりしたり、ジョギングやウォーキングをして汗を流したり、無意識のうちに小さなストレスは発散されています。ですが、仕事や人間関係のことで極度のストレスがたまり、それが解消されないままでいると、うつ病を発症する可能性があります。心が風邪をひいてしまうんですね。うつ病になってしまうと回復に時間がかかり、社会復帰も難しくなってしまいますので、そうならないためにも、自分が抱えているストレスの原因は何なのかを把握し、上手に発散していかなければいけません。

 

ポジティブに

ストレスをためやすい人は、神経質だったり、物事をネガティブに考えてしまう傾向があるようです。例えば無理と分かっていることに対して、「どうせ頑張ったって無駄。できるわけないんだから」と考える人と、「無理かもしれないけどやってみなければわからない。もしかしたら出来るかも!」と思う人では、同じことをやっていても気持ちの持ち方が違うので、ストレスのたまり方も違います。無理をしてポジティブに思考を持っていこうとするのは逆にストレスになりますので、少しずつでも考え方、気持ちの持ち方を変えていくと、徐々に大きなストレスも小さなストレスに変わっていくでしょう。