子供のストレス対処法

子供のストレス対処法

子供は大人と違い、心と体が一つになっています。情緒不安定になるとすぐ身体の異変として表面に出てきます。そのサインを見逃さずに子供のストレスに対処していかなければいけません。家庭内で何でも話せる環境を作ることも大切です。

子供のストレスサインは?

子供の出すストレスのサインは、身体に症状として表れたり、不登校などの行動として表れる場合があります。子供の出すSOSサインを見逃さないようにしましょう。

身体に出るSOSサイン

ストレスで身体に現れるサインとして、顔色が悪い、精気がなくなる、目をパチパチさせるチック、下痢や便秘を繰り返す、腹痛や嘔吐、めまいを訴える、おねしょをするようになったり頻尿になる、頭痛、腰痛、関節痛、胃潰瘍、気管支喘息など、様々な症状が出てきます。

行動にでるSOSサイン

朝起きられなくなる、登校拒否などがあります。お腹や頭が痛いと言って学校を休みがちになったら、実はどこも痛くなく、学校に行きたくない口実だったりします。この場合、絶対に責めたりしてはいけません。

大人がすべきこと

子供の様子がいつもとどう違うか、敏感に察知する必要があります。いつもの様子と違うとき、何か壁にぶち当たっているかもしれません。

一緒に解決法を考える

あくまでも「一緒」であって、大人の考えを子供に押しつけてはいけません。こうしてみよう、ああしてみよう、色々一緒に考えて、一番いいと思う方法を子供と一緒に考え出し、それを必ず行ってください。絶対解決策はあるのだということを分かってもらえなければ子供が前に進むことができません。いじめられたらいじめ返せ、これではなんの解決にならないことを知っておきましょう。

落ち着いた態度で

 

子供が辛い思いをしている、悲しい思いをしているからと言って、その話を聞いているときに、私たち大人は一緒になって泣いたり怒ったり慌てたりしてはいけません。親の取り乱した態度を見て、子供は益々自分の中に感情を閉じこめてしまうことになります。ストレスを抱えている子供だけではなく、全ての子供は自分を受け入れてくれるものを求めています。子供の前ではくれぐれも感情を露わにしないようにしましょう。

専門家のアドバイス

親が子供のストレスに対して一生懸命取り組んでも、思うように効果があらわれない場合や、いじめや非行などで問題が大きくて、親だけではどうにもならないときは、専門家の人間に相談してみましょう。学校の先生、カウンセラー、ソーシャルワーカーなど、相談に乗ってくれる人はたくさんいます。子供のストレスで、親までストレスがたまるようであれば問題です。子供が大変な思いを乗り越えられるよう、周りの大人が手をさしのべてあげましょう。

親子で環境改善

 

一番大切なのは会話を持つことです。そしてできるだけ子供の話を聞いてあげましょう。アドバイスするのではなく、あくまでも聞き役につとめてください。親子で会話をもてる環境作りが大切です。子供がどんな経験をしてきているのか、どんな気持ちを抱えているのか、感情を表面に出して話せるよう、導いてあげてください。大人がよかれと思ってアドバイスしたことでも、反対に受け止められて怒りに変わり、状態が悪くなる場合があります。基本的に「聞く」ということを心がけることです。

ストレスを作らない環境

子供は自分でストレスをストレスととらえることもできませんし、それを発散する方法も知りません。適度な運動を一緒にするとか、バランスのいい食事をする、会話の中で笑うようにし向ける、部屋の整理整頓を心がけるだけでも気持ちが違ってきます。散らかった部屋では心まで荒んでしまいます。明るい部屋作りを心がけましょう。