ストレスの基礎知識

ストレスの基礎知識

私たちが普段感じているストレスとは、そもそもどんなものなのでしょうか。ストレスにも様々な種類や原因があります。そのことを知っていれば、ストレスを回避できたり、すぐに解消できることもあるでしょう。

ストレスの段階

ストレスは軽いものから重度のものまで、三段階を踏みながらその症状は重くなっていきます。イラついてもすぐに解消できる程度でしたら気にすることもないでしょうが、いつまでも長引くようであれば要注意です。

警告期

まだストレスと呼べるほどではなく、極軽い状態です。自分でストレスだと感じる人も少ないでしょう。精神的には何もなくても身体は疲れているかもしれません。ちょっとイライラしたり、血圧が安定しなかったり、疲労感を感じるかもしれませんが、いつの間にかそれも改善されて体調も元に戻ってしまいます。このように自覚症状がないことがほとんどなのがこの警告期ですが、疲れが取れずにたまっていくと体調はどんどん悪くなっていきます。

抵抗期

 

身体も心もストレスに対して抵抗する時期になります。ストレスを感じて、それにはむかおうとしてしまう時期です。疲労感が感情の高ぶりに変わったり、反対に身体の力が抜けた感覚に陥ったりします。ストレスの抵抗期になると、動悸がしたり胃が痛くなったり、血糖値の上昇や血圧が警告期よりもおかしくなってしまいます。ストレスの自覚症状はありますが、このまま放っておくと病気になるなどとは、自分自身がまだ思わない時期でもあります。

疲憊期(ひはいき)

疲憊とは、疲れて弱ることをいい、疲労困憊と同じ意味を持ちます。ストレスにより何もやる気が起きずに、自分ではもうどうしようもなくなってしまいます。心の病気になる可能性もあるので注意が必要な時期です。集中力がなくなる、何もかもが億劫になる、不安、罪悪感、食欲不振、体重減少、身体には胃潰瘍や心身症、狭心症、偏頭痛などの症状が現れてきます。これらが更に重度になると、自ら命を絶ってしまうことがありますので、この段階までくると、自分や家族だけではどうすることもできません。専門医に任せて医学的な治療が必要になってきます。ここまで来る前に、危険信号を自分も周りもキャッチして、ストレスに打ち勝たなければいけません。

ストレスとうまくつきあうコツ

 

ストレスの全くない人はいないでしょう。このストレスが軽いもので済むのか重度のものへと進行していくか、気の持ちようでも左右されます。まず第一はポジティブになるということです。そして100%にこだわらないということです。完全主義者は100%でなければストレスを感じてしまいかもしれませんが、80%を目指して、100%までいけたら儲けものくらいに考えましょう。過去を振り返ってクヨクヨするのもよくありません。そして疲れを感じたら心も体もゆっくりと安めてあげましょう。お風呂でゆっくりしたり、音楽を聴いたりするのもいいでしょう。リラックスするのが一番です。くれぐれも考える時間があるからと、あれこれと思い悩むようなことはやめましょう。

一番多いストレスの原因は?

ストレスを感じるという一番多い状況は、やはり仕事面でのことが最多のようです。次ぎに人間関係が続きますが、これはやっぱりという順番ですね。次ぎに多いもので驚くのが、夫婦関係に関するものです。休みの日は家でゴロゴロしてばかりいる、「疲れた」ばかり口にする、話しかけても返事がない……などと、夫婦の中でもストレスを感じることはあるようです。