ストレスの原因

ストレスの原因

【ストレスの種類】のページでは、様々なストレスの種類を紹介しましたが、その原因となるものを細かく区切って紹介しましょう。自分では気づいていないことが、知らず知らずのうちにストレスになっていることもあり得るのです。

仕事や学校

仕事はうまくいっていますか? 学校は楽しいですか? これらがストレスの原因になっていることは多いでしょう。思い当たることはありませんか?

仕事でのストレス

会社では様々な年齢の人間が集まって仕事をしています。上司が自分よりも年上な場合もあるでしょう。そんな中で、思うように仕事が進まなかったり、自分の能力以上の仕事内容を求められてストレスになっていませんか? 自分のペースで仕事を進められないのはかなりのストレスになるでしょう。また、転勤や部署替え、転職などでこれまでと違った環境で仕事をする場合も、不安や心配でストレスになることもあります。

学校でのストレス

学生の場合、学業と同じくらい、学校での人間関係がストレスに大きく関わってくるでしょう。受験生でしたら周りの期待に答えなければいけないという心の負担、成績が思うように伸びなかったり、転校しなければならなく、新しい学校に馴染めるかどうかの不安、いじめなどの人間関係が学校でのストレスの原因になります。

家庭や家族・育児

 

家庭や家族関係がうまくいっていなければストレスになってしまうでしょう。育児に関してもそうです。育児ノイローゼ寸前で、一人で抱え込んでしまうとストレスなどとは言っていられない状況になってしまいます。「誰も手伝ってくれない」「家事を協力してほしいのに」「自分一人で子育てしている」「自分の時間が欲しい」、このように感じていませんか? 家族との会話はとても大事です。なんでも完璧にやろうとせずに、ほどほどにこなすのもケースバイケースでいいのではないでしょうか。家庭内暴力に悩んでいる人もいるかもしれません。一人で悩まずに、そういうことを相談できる機関もありますので、一人で悩まずに解決策をさがしてみることです。

人間関係

人間関係がうまくいっていないと、精神的に一番こたえるのではないでしょうか。引きこもってしまい、家から出られなくなる人もいます。家族との人間関係、職場での人間関係、近所との人間関係、それは様々だと思います。一つだけではなく、いくつか重なってしまうとかなりのストレスになってしまいます。人間関係がうまくいかない場合、会話を持ってうち解けるだけで改善される場合もあります。まずは思い切って会話してみましょう。もしかしたら、それまで悩んでいたことが嘘のように解決されるかもしれません。職場でいじめにあっている場合などは上司に相談してみるなどの行動にうつし、部署替えなどを希望してみましょう。きっとなにか解決策があるはずです。もちろん人間関係がうまくいかない原因を探り、それを改善しない限りはなんの解決にもなりません。

生活の急激な変化

 

引越や転勤、転職などでいきなり環境が変わってしまった場合、生活のリズムもかなり変化するでしょう。それに馴染めずにストレスを感じてしまうかもしれません。この変化に心も体もついて行けなければ精神的なものばかりではなく、身体にも異変が起こってしまうかもしれません。変化に慣れてしまえばなんのことはないことでも、慣れるまでの間は精神的に辛いものになります。

パソコン

パソコンが急激に普及し始めて、1人で何台も所有していることも珍しくなくなりました。仕事をする上でもパソコンのスキルは必須になってきています。こうしたパソコンがストレスになることもあるのです。操作が遅い、パスワードを忘れた、等がパソコンを使う上でのストレスのトップにきているようです。こうしたストレスの他に、「テクノストレス」というものがあるのをご存じでしょうか。

テクノストレス

テクノストレスは現代病の一つと言ってもいいでしょう。テクノストレスには2種類あり、内容は正反対のものになります。

テクノ不安症

仕事をしていく上で、パソコンは必需品になっています。仕事でパソコンを使わなくてはいけないのに、どうしてもパソコンが苦手でこれがストレスになってしまう場合があります。抑鬱やイライラ、めまいや肩こりの症状が出る場合があります。

テクノ依存症

テクノ不安症とは正反対で、パソコンが大好きだという人です。パソコンに没頭するあまり、精神的な失調症になってしまいます。パソコンをしているとき、誰にも邪魔されたくない、時間の感覚をなくして没頭してしまう、人付き合いが嫌になる、パソコンがないと不安で仕方がなくなる、このような人は依存症といってもいいでしょう。休憩時間を惜しんでパソコンに向かわずに、時々ストレッチなどをして身体を伸ばしたりすることも大切です。