行動にでる症状

行動にでる症状

ストレスも溜まりすぎると行動に影響してきます。人それぞれとる行動は様々で、必ずこうした行動をとるというのはありません。あくまでも一例として紹介していきます。行動にでる場合は、本人だけではどうしようもないことも多く、周囲の人間の協力が必要になります。手をさしのべてあげてください。

過食と拒食

別のページで少し触れましたが、過食症と拒食症を合わせて摂食障害と呼んでいます。ここではそれぞれの説明をしていきます。ストレスから拒食と過食を繰り返す人が多く、これは立派な病気ですので治療が必要になります。

過食症

過食症は「神経性大食症」といい、Bulimia Nervosaと書きます。Bulimiaの意味は、牛のように食べるという意味があり、過食症はまさに牛のように食べ物を大量に食べることからきています。食べ始めると制御がきかなくなり、短時間で詰め込むようにして食べるのが特徴です。周りで見るより当の本人にはかなりの苦痛になっていて、食べたあとの罪悪感から指を入れて嘔吐するようになります。症状が重くなると、嘔吐しては食べ、食べては嘔吐することを繰り返します。下剤や浣腸を使用する人もおり、精神的にも蝕まれていきます。

過食症の治療法

 

嘔吐や下痢での電解質異常を起こしている場合は、身体治療を行います。肥満になっている場合はカロリー制限をしながら食事療法を行います。過食の人は入院して自分の自由になる食べ物がそばになければあっさりと症状が治まるケースが多いです。自宅で治療するのであれば、食べ物をそばに置かない、食べ物を買うお金を持たせない、食べ物が胃から腸へ移動する食後2時間までは、嘔吐しないようにトイレに近づかせないなどの対策をします。こうした治療とともに、ストレスの原因になっているものも取り除いてあげなければ同じことを繰り返します。人間関係や不幸体験が悲しみ、怒り、苦しみとなってストレスになり、過食に陥っている人も多いため、それらを一つずつ克服していかなければいけません。

拒食症

拒食症は「神経性食欲不振症」といい、Anorexia Narvosaと書き、Anorexiaは食欲がないという意味です。食べたいという感情を持っていても、あえて食べない人もいます。食事をすることを拒否し、どんどん痩せていきます。肥満に対して恐怖を持ち、やせ衰えていくに従い無月経になり、身体のいたるところに異常が起こります。食べることを拒否しているため、最後には命を落とす人もいます。

拒食症の治療法

食べないことで痩せ細っているために、命を落とさないよう、合併症がでないように身体治療を優先させます。標準体重の6割をきると命が危なくなります。飢餓状態の改善と共に、電解質異常の治療も必要になります。カリウムの低下も危険ですので、精神科ではなく、内科での治療も必要になってきます。異常に痩せてしまった人の脳は、正常に働かないことも多いので、家族や周りの人に依存しないためにも入院させるのが一番です。拒食を強制的に治していく方法になりますが、精神的にも追いつめられると同じ事の繰り返しですので、精神療法も併せて行ってきます。拒食がどれだけ恐ろしいものなのかを学びながら、徐々に精神的にも拒食から離していきます。

依存症

ストレスから様々な依存症 になる場合もあります。依存症は同じ行為を繰り返した結果、その刺激がなければいられなくなる状態のことをいいます。自分でも気づかないうちに依存症に陥っている場合も多く、依存症から抜けられないでいる人もいます。

買い物依存症

 

買い物依存症になると、使わないものでも購入してしまい、封を開けないまましまい込んで次の買い物をしてしまいます。買うことに快感を覚え、購入してしまうとその物に対しての興味がなくなります。ひどくなるとお金がなくても買い物せずにはいられなく、クレジットカードも限度額まで使い、挙げ句の果てにはお金を借りてでも買い物をするようになります。必要なものを買うのであれば依存症とはいえませんが、必要ないものまで、封を開けることなく買い続けるのは立派な病気といえるでしょう。こうした人にはお金やクレジットカードを持たせないことです。何よりも、自分の「買い物をしない」という意思が大事です。

ゲーム依存症

家庭用ゲームやPCを使ったオンラインゲームなど、現在では様々なゲームがあります。ゲーム依存症は、ゲームをしていなければ落ち着かない、何をやっていても早く家に帰ってゲームをやりたい、ゲームのことを考えると何も手につかなくなります。時間の感覚もなくなり、何十時間もゲームをやり続けたりします。外国では30時間以上ゲームをやり続けてなくなった人もいるくらいですので、「ゲームオタク」と一言で片づけてしまわずに、他のことに興味を向けることが大事です。

テクノ依存症

テクノ依存症は精神的失調症の一種で、テクノストレスの一つに挙げられます。パソコンと向き合っていなければ落ち着かなく、パソコンがなければ落ち着かなくなったりイライラしたりします。ゲーム依存症と一緒で時間の感覚がなくなり、人との関わりを嫌がるようになり、メールのやり取りやチャットなどにはまり、現実の世界での関わりを持つことが嫌になります。結果、会社に遅刻したり休みがちになったり、引きこもりになったりします。この場合も他に興味を向けることが大事です。

Column:買い物依存症の末路~

 

毎日デパートにでかけては高額な買い物をしてくる女性。毎晩ご主人の帰宅が遅く、かなりのストレスになっていたようです。クレジットカードを何枚も使い分け、毎日のようにブランド品を買い漁ります。買ったものは箱から出すこともなく押し入れの中に入れられます。一緒にウインドーショッピングにでかけて、ブランド品の財布を一言でも「可愛い」と言ってしまうと、見ていないうちにクレジットカードで購入してしまいます。家に帰ってからニッコリ笑ってその財布を差し出しプレゼントするのです。可愛いと言っていたし、貰ってくれなきゃ自分だって使わないとの理由です。こうしているうちに、自分の支払い能力を超えてしまいます。ご主人にも言えず、周りにお金の無心をするようになります。挙げ句の果てには、そこに住んでいられない状況になり、いつの間にかいなくなってしまいました。買い物依存症の末路は目も当てられません。自分で気づいて現金やカードを持ち歩かないと心に決めなければ、この彼女のようになってしまうでしょう。