香りでストレス解消

香りでストレス解消

ストレス解消には香りもとても効果的です。気持ちを落ち着かせてくれますので、ストレスだけではなく、疲れているときも香りで疲労回復できます。癒しが欲しいときにも一役買ってくれる優れものです。

アロマテラピー

アロマテラピーとは芳香療法のことでハーブなどの植物の香りを利用します。心と体をハーブの香りでリフレッシュしてくれます。ストレスには柑橘系の香りがいいでしょう。

ストレスにお勧めアロマ

アロマがストレスに効果的なわけ

アロマオイルを用いてアロマテラピーを行います。どうしてストレスに効果があるのでしょうか。体に作用するメカニズムを紹介します。

脳への作用

アロマオイルの香りを嗅ぐと、香りの分子が鼻から脳へ伝わります。脳へ伝わることにより、いろいろな生理反応や心理的反応が起ったり、生理機能の調整がなされたりします。

肺への作用

アロマオイルは、嗅いだときに鼻から脳へ伝わると共に、吸い込んだ息と一緒に肺へと流れます。香りの成分が気管支を通って肺に入り、アロマオイルの種類によってはひどい席が軽くなったり、タンがとまったりします。肺からさらに血液にのり、全身へと巡っていきます。

血液やリンパへの作用

ベースオイルで薄めたアロマオイルで肌をマッサージします。香りの成分は表皮を抜けて真皮層まで届き、毛細血管やリンパ管に入ります。香りの成分は血液に乗って全身を巡り、様々な効果を発揮します。

アロマオイルの活用

アロマオイルの香りの成分が、種類によっては様々な効果を発揮してくれることが、お分かりになったと思います。このアロマオイルを上手に使ってリラックスし、ストレスを吹き飛ばしましょう。

香りを楽しむ

部屋の中で香りを楽しむには、アロマライトやアロマポットなどで部屋中に香りを広めてみましょう。ハンカチにアロマオイルを数滴落として、でかけるときでも香りを楽しむといいでしょう。

アロマのお風呂

アロマの半身浴でリラックスしてストレスを忘れましょう。ぬるめのお湯をバスタブにはり、アロマオイルを落としてよく混ぜましょう。香りのする湯気があがったら、ゆっくりとお湯につかりましょう。

組み合わせはお好みでどんどん変えて試してみましょう。アロマオイルはほんのり香るくらいにして、入れすぎないようにします。香りがきつすぎると効果がないばかりか逆効果になってしまいます。

ラベンダー湿布

ストレスで自律神経のバランスが乱れているときに効果的な湿布です。頭の後ろと首の後ろを温めます。自律神経が乱れているとこの部分が固くなっている場合がありますので、アロマの香りで温めてあげましょう。

  1. お湯を入れた洗面器にラベンダーオイルを3滴落とし、まんべんなく混ぜます。
  2. 十分にタオルを浸して絞り、頭の後ろ、首の後ろに当てます。
  3. タオルが覚めたら再度アロマ湯で絞りましょう。