音楽を聴いてリラックス

音楽を聴いてリラックス

音楽を聴くと、ピリピリした気持ちも落ち着いてきます。音楽療法というものがあるくらいですから、効果があるのは分かりますね。好きだからといっていきなり激しいハードロックなどを聴くのではなく、静かな曲や自然の音などのCDを聴くと良いでしょう。

音楽と脳の関係

音楽を聴いて現れる脳波で、リラックスしたとき、集中している時に出るα波と、瞑想したときに出るθ波があります。緊張している時やイライラしたストレス状態のときにはβ波がでます。音楽療法ではこのα波とθ波の二つの脳波が出るように意図的に仕組まれているヒーリングミュージックなどを使います。

どんな曲がいい?

 

基本的には自分の好きな曲を聴きますが、気持ちが沈んでいるときに激しい曲を聴いてしまうと、曲自体がうるさく感じて反対にイライラしてしまいます。最初はスローな曲や静かな曲を選び、徐々に元気な音楽を聴くようにします。クラッシック音楽のモーツアルトなどに効果があると言われていますが、クラッシック嫌いの人が無理に聞いても苦痛になって逆効果です。

そのときの気持ちに合わせて

落ち込んでいるとき、悲しい気持ちのときに明るい陽気な曲を聴いても耳障りなだけです。テンションが高くなっているときに暗い曲を聴くとテンションが下がってしまいますね。それと同じ原理です。悲しいときは悲しい曲を聴いてもかまいません。そのときの気持ちに合わせた音楽を聞くだけでもストレスの解消になります。心が解放されて落ち着くことができるからです。徐々にアップテンポの音楽に変えていき、気持ちを前向きにしていきましょう。部屋の中でも小さいボリュームでいいので、常に音楽を流しておくのもいいですね。

色々な音楽でストレス解消

 

ヒーリングミュージックや自分の好きな音楽を「聴く」ばかりがストレス解消ではありません。ほかにも音楽に関するストレス発散の方法は色々あります。

楽器を演奏する

楽器を演奏するのもいいでしょう。ギターでもピアノでもいいです。自分の場合はピアノを弾きます。できるだけ長い曲を選び、無心で弾いていると、ピアノだけに没頭して他のことを考えないですし、気持ちがいいものです。ピアノを弾いているだけでもけっこう体を動かしますので、かなりのストレス発散になります。

カラオケで歌う

これはいうまでもなく、かなりのストレス発散になります。自分の好きな曲を好きなだけ歌いましょう。歌うことでお腹に力が入り、体も動かし、体温も上がってテンションは否が応でもあがるでしょう。歌うことも立派な音楽療法として取り入れられていますので、カラオケで歌ってストレス発散というのは利にかなっているのです。

意外なヒーリングミュージック

音楽と聞けば「曲」だと思いがちですが、ヒーリングミュージックとして販売されているCDの中には、皮のせせらぎや小鳥の鳴き声などが入っています。一定のリズムを持たない響きが脳をリラックスさせてくれるのです。その他にも意外なもので、読経があります。読経を聞いていて眠くなったことはありませんか?なんと読経にも聞いているだけでストレスが解消される効果があるのです。

音楽の聴き方

 

音楽療法用に作られたものでなければそのまま聴いてかまいません。音楽療法用のCDの場合は周りの雑音を断ち切るためにもヘッドフォンの使用をお勧めします。イヤホンタイプではなく、耳を覆うタイプのものにしましょう。効果の高い聴き方は、30分から1時間、毎日聴いて、その後間をあけます。そしてまた毎日聴くようにし、その繰り返しを行います。一定期間集中して聴くと効果が高まるのです。同じ音楽ばかりだと飽きてしまって効果も半減しますので、CDは数枚用意しましょう。