笑うことでストレス解消

笑うことでストレス解消

笑うことはお金も時間もかからずに、一番手軽なストレス解消の方法です。ストレスがたまると笑うことも少なくなります。笑顔でいられると自分だけではなく、周りにも嫌な思いをさせないで済みます。副交感神経の反射が「笑う」ということなので、ストレスと深い関わりがあります。

笑うと体がどう変化する?

 

人間は笑うだけで体に備わっている免疫機能が30%ほどアップします。副交感神経が刺激されて血行促進や緊張をほぐすという効果があります。NK細胞の活性化にもつながり、笑うことで良いこと尽くめです。ストレスが多い人ほど副交感神経に強く働きますので、例え作り笑いだとしても、効果が高くでるのです。無理して笑ってもいいということですね。反対に考えると、笑わない人はストレスが溜まりやすいと言えるかもしれません。最初はうまく笑顔になれないかもしれませんが、徐々に心から笑えるようになるでしょう。

笑うことの効果

笑うことで肺や心臓が刺激を受けます。脳や脳下垂体にある鎮痛作用のあるエンドルフィンが笑うことで分泌が促進されます。緊張をときほぐして体をリラックスさせます。何よりも笑うことでプラス志向なれますし、傷みを和らげてくれる効果もあります。足の小指をどこかの角にぶつけて、痛さのあまり笑ってしまった経験はありませんか? 無意識に傷みを和らげようとしているのですね。笑うことは誰にだってできますので、なるべく笑顔でいるようにしましょう。

笑って免疫力アップ

冒頭でも書いたように、笑うと免疫力がアップします。がん細胞を追い払うNK細胞が活性化されることも分かっています。免疫力が上がるということは病気にもなりづらく、健康な体へとつながっていきます。副交感神経が刺激され、脳の温度も下がりますのでストレスの解消にもなります。

作り笑い

作り笑いでも口だけで笑わずに目も笑うように鏡を見て練習してみましょう。心から笑っていないときは、顔が左右対称になりません。歪んだ笑いになり、それが癖となってシワになってしまいます。目で笑うことができれば作り笑いや愛想笑いでも、顔が左右対称になりますので、鏡を見て口を隠して笑ってみてください。目も笑っていますか?

3つの笑い

 

関西福祉科大学の教授は、笑いの種類を3つに分類しました。楽しい、ゆかいなときに出る笑いが「快の笑い」、人と挨拶を交わすときなどのコミュニケーションの場面で出るのが「社交場の笑い」、緊張が緩んで安心したときに出る笑いが「緊張緩和の笑い」と分けました。健康に効果のある順番は、緊張緩和の笑い、快の笑い、社交場の笑いの順です。どんな笑いでも、口と目で笑うことができればストレスも軽くなり、前向きになれるでしょう。人に対して笑わなくても、テレビのお笑い番組でもいいですし、笑える映画、雑誌やマンガでも構わないのです。笑うことが大切なのです。

ストレス以外にも効果が!

 

笑うことでストレスが解消され、気持ちが明るくなれることはとてもいいことです。笑うという行為は、ストレス以外にも様々な効果をあらわします。笑うと腹筋に力が入ります。横隔膜と共に腹筋が鍛えられます。ストレスが原因となっていた便秘や胃腸の痛みも改善されますし、血圧も低下するために、心臓病へのリスクも低くなります。いつも笑顔でいるだけで、人間関係もうまくいき、仕事も順調にこなしていけるでしょう。

笑顔効果

 

真顔がふくれっ面の人っていますよね? 口がへの字で目つきも一重できつく、真顔での第一印象は「怖い」というイメージです。それが自分でした。学生時代などは生意気な顔をしていると上級生に呼び出されたりもしたものです。とても悩み、ストレスがたまる一方でした。ある日母の一言でそれは変わります。「ふくれたような顔に見えるのが嫌でますますふくれっ面になってるよ。いつもニコニコ笑っていれば? 笑顔は他人に嫌な思いをさせないよ?」 目から鱗とはこのことです。どうしてこんな簡単なことに気づかなかったのでしょうか。それからはいつもニコニコするようにしました。すると気持ちも明るくなって、当時接客業でしたがお客様も自分めがけて来店されるようになり、顧客も沢山獲得することができたのです。笑顔でいれば、自分も周りも気持ちがいいものです。